[記事公開日]2018/07/04
[最終更新日]2018/07/05

友達の家を片付けに行って思ったこと

整理収納アドバイザーのまいです。

今日も、先日とは違いますが友人の家へ。

もうすぐアメリカへ引っ越すのに、沢山のモノに囲まれて途方に暮れていました。

海外転勤が多いのでその土地土地でのインテリアやファブリック、気候や風習に合わせた洋服などが数多くありました。

 

ファッションが好きな人はとかく服が多いです。

「使えるものを捨てられない、でもまた買ってしまう」

ストレス発散で服を買う人も多いですね。私の友人にも沢山います。

 

洋服を畳み直したら、同じケースに1.5倍以上入りました。
このまま荷物になるのでとりあえずギューギューに詰めました。(普段使いの収納は8割くらいにしましょう)

スポーツ系のトップスだけでこんなに・・・。

 

私も断捨離をする前は沢山の服を持っていました。

「自分に似合う服が分からない、また着るかもしれない、まだ着れる」

でも一枚一枚手に取ってよく考えてみると・・・

ずっと着ていない、合わせてみたら似合わない、デザインが微妙に気に入らないなどの服がすごく多くありました。

「こんな服着たいなぁ」と思うものがあっても、「沢山持っているから。似ているのを持っているから」と我慢することがありました。

「好きじゃない服は思い切って一度リセットしよう!」

そう思って処分したら、クローゼットに余裕ができました。

本当に好きな服を着て買い物に行って、それに絶対合う服だけを新調しました。

そうするうちに、本当に着たい服ばかりのクローゼットになってきました。

 

処分するその時はもったいないことをしているような感じがしますよね。まだ着られる服を処分するのですから。

でも、好きでは無い服でクローゼットはあふれ、本当は好きな服を見落とし、クリーニングをしたりする手間やお金がかかって、それに合わせる何通りものパターンや靴を買わないといけない。

何よりその服を見る度に「買ったけど着てないなぁ」「ボロだけどまだ着れるし」とストレスになること。これは良くない。

 

やっぱり好きな服だけ持つのが良いと思うのです。そして着倒して、循環させる。

今は好きな服を着まわせる数だけ持っています。衝動買いをしなくなったし新調する時は前より楽しい気持ちです。

 

モノに管理されるのではなく、モノを管理したいですね。時間もお金も管理できるようになるはずです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です