[記事公開日]2018/07/09

生活感ありありな我が家

こんばんは、整理収納アドバイザーのまいです。

 

「生活感を無くす」と良く耳にしますが、我が家は「生活感ありあり」です。

 

モデルルームのようなお洒落なインテリアは素敵ですが、

生活を普通にしていると、生活感を無くすのは簡単なことではないと思います。

 

我が家に来る友達がよく口にするのは、

「モノが少なくは無いんだけどすっきりしてる」「生活感があって落ち着く」

と言います。

本当はもっとモノを減らしたいのだけど、元々捨てることが苦手だし、自分も子供も探し物が少なくパッと見て取れるようになるには多少の色味が必要なのでなかなか難しい。

おしゃれでスタイリッシュなインテリアに憧れますが無理です(笑)

 

タンスにシールとか貼っちゃってます。長男は黄色、次男は青が我が家のカラー。自分の引き出しがすぐにわかります。

半透明のダイソーの積み重ねボックスはインデックス要らず。しかもきちんと入れないで放り込んでいます。

片付けの目的の一つには、「自分や家族がなるべくストレス無く生活できること」があります。

ホワイトインテリアやファイルボックスで統一の収納はシンプルですが、やりすぎるとかえってストレスを感じることがあります。お洒落なラベルはいちいち読まなくてはいけないし、汚せない感じがプレッシャーになります。

少し前ですが、とてもスタイリッシュな幼稚園がテレビで紹介されているのを息子と見ていました。

真っ白な机や壁、シンプルな部屋。

でもなんか落ち着かない感じがするなと思っていたら、長男が「なんかザワザワする、好きじゃない」と発言。

 

私の気持ちを代弁してくれて面白かったです。

スタイリッシュにしなくても、「家族が快適な住まい」なら多少雑然としていてもいいのだと思います。

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です