[記事公開日]2018/12/17

【断捨離】子どものおもちゃ「プラレール」を全部手放しました

整理収納アドバイザーのまいです。

 

昨日、子供たちがよく遊んだ「プラレール」を全部手放しました。

長男が特に電車が大好きで、遊びといえばほぼプラレールでした。

部屋いっぱいに広げたり、廊下に線路を作ったり。

↓3年前の写真

子どもだけで複雑な線路を作るのには感心しきりで。

 

知り合いからも沢山いただいて、大量にあった「プラレール」一時はこんなに沢山ありました。

 

最近はゲームがメインになって、ここ2年くらいは全く遊ばず。

 

子供たちにまだ必要か聞いてみたところ、

「もう使わない」ということなので思い切って全部手放すことにしました。

私としても思い出が沢山あって名残惜しいけど、写真が残っているから見返せます。

 

お友達がもらってくれるそうなので、部屋に広げて欲しいものだけ持ち帰ってもらいました。

プラケースの中にもレールや部品がいっぱい。

それでも沢山の電車やレールが余ったので、

メルカリ出品しようかと思いましたが時間が取れそうにありません。

汚れているものは処分しました。

 

きれいな状態のものを今回は寄付をしようと思い段ボールに。

写真を撮りませんでしたが、たまそろばんや電車の絵本も入れました。

 

送り先はこの2つで悩みました。

・セカンドライフ

・いいことシップ

 

段ボールに入れ終えたところで、不動産会社の担当者さんが家の手続きの件で来訪。

「プラレールを寄付しようと思って詰めたところなんですよ~、あ、お子さん男の子でしたっけ?」

担当さんのお子さんはそういえば2歳の男の子でした。

「今すごいプラレールにハマってて、クリスマスにも買い足そうと思っていたんですよー」

という流れで、段ボールごともらってくれました☆なんてタイミングが良いんでしょう♪

寄付をするのにも2000円くらいかかるので、ありがたかったです。

お子さんも喜んでくれたかな。

 

お世話になったおもちゃが必要とされて、また使ってもらえるのは嬉しいですね。

 

プラレールに占領されていたおもちゃコーナーがすっきりしました。

 

子どもは成長と共にどんどん遊びが変わっていくので、見直しが必要ですね。

 

年末年始はクリスマスやお年玉でおもちゃが増えるので、その前に子供と整理できるといいですよね。

おもちゃ整理の関連記事はこちらです(リビングートマガジンさん掲載)

子どもの散らかし癖を叱らずに解消!3歳でもできるおもちゃの整理と片付け方

参考になれば~。





こちらの記事も読まれています