[記事公開日]2019/01/29

最新の家電や家の設備は掃除がしやすい

整理収納アドバイザーのまいです。

 

新居は多くの子供たちの通学路にあります。

毎日のように息子と帰ってくる同級生が玄関に入ってきます(笑)

「いつになったら中で遊べますかー?」

と首を長くして待っていて、

「来週半ば」と約束してしまったので、それまでに段ボールを無くしたいところです・・・。

 

よく、

「引越した時の段ボールがそのままになってるー」という言葉を耳にしますが、

段ボールは虫が発生する原因になりますので、早めに家から出しましょうね。

 

さて、タイトルの件ですが、

築16年の家から新築に引っ越してきて驚いたのは「設備」です。

お風呂やトイレなど作りがシンプルで掃除もしやすい。

「溝」とか「凹凸」がとても少ないんです。

さらに、「パッキン」が使われていなかったり。

これはメーカーによるのかな?

 

浴室のバスタブと壁のつなぎにパッキンは使われていません。(LIXILのソレオ)

バスタブが限りなく壁に密着している感じというのでしょうか。

使われていてもわずかです。カビが生えにくいのは嬉しいですよね。

 

お湯を入れると水色に見える浴槽です☆

キッチンも。溝がないので、掃除がしやすいのです。

旧居はシンクのつなぎ部分に溝があって、そこに汚れが溜まるのが嫌でした。

 

そして、買い替えた冷蔵庫。(東芝のベジータ)

引き出すところがしなやかな曲線になっていて、ツルッと拭きやすい。

掃除のしやすさはモノを買う時の最重要ポイント。

 

最新設備の進化がすごいなーと日々感心しています。

「10年経ってもキレイな家」を目指したいです。

 

ブログを書くことが息抜きになるのですが、時間が取れず・・・。

子供がいるとなかなかはかどりません。でも頑張ります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています