【子連れ】世界一大きな「牛久大仏」とふれあい動物園

そういえば先週「牛久大仏」を見に行ってきました。

茨城県牛久市にある、世界一大きな大仏で120m4000トン。ギネスにも認定されています。

テレビで何度が見て行ってみたいと思っていたのですが、週末に良く晴れたので行ってきました。

大きいですよね~。遠くからも見つけることができました。

お寺に興味の無い、小学生の息子たちも大興奮。

手水舎に沢山お花が浮かんでいました。

入場から大仏まで少し歩きます。その間に1/1000サイズの頭部が。

大仏の胎内に入るには、大人800円払います。(庭園のみの場合は500円)

詳しくは公式ホームページをご覧ください→牛久大仏

 

胎内は土禁なので、靴を脱いでビニールに入れて持ち歩きます。

まず真っ暗な部屋に1分間入るのですが、これがアトラクションのようでワクワクします。

胎内はとても近代的な雰囲気でちょっと意外でした。とてもきれいです。

中にはトイレが無いので入る前に済ませましょう。

 

エレベータで地上85mへ。エレベータに向かう間に様々な建設にまつわる資料や展示物をゆっくり見ることができます。

足の親指の実物大!

胸のあたりが展望フロアになっています。

その隙間から下を眺めるとこんな感じ。大仏に向かう1本道が見えます。

降りる時もエレベータに乗ります。小さなエレベータなので混雑している時は少し待つかもしれません。

 

庭園内には「ふれあい動物園」があります。

オカメインコがいたり。

ふくろうに触れたり。

ひよこも触り放題。

手の上で寝てしまいました。疲れてるのかな?

かめに餌をあげてみました。

他にもミニブタやヤギがいました。

そしてお猿さんのショー。

この子はほたるちゃん。あと1歳の茶々丸くんも可愛らしい芸を見せてくれました。

大仏の周りの庭園は緑が多く、整えられていて気持ちが良かったです。

動物園にもふらっと寄って我が家は3時間くらい滞在しました。

 

近くにある「あみプレミアムアウトレット」で食事をして帰りました。

世界一大きな牛久大仏圧倒されます。おすすめ♪





こちらの記事も読まれています