[記事公開日]2018/01/24

「調味料置き場」を集中させて料理を時短する

調味料の置き場所を変更しました!

今まで、

・醤油・酒・みりん類→「作業台下」の深い引き出し
・塩・こしょう・砂糖→「ガスコンロ横下」の細い引き出し

に収納していました。

【before】

醤油・酒・みりん類→作業台下

塩・こしょう・砂糖→ガスコンロ横下

醤油などは高さがあるので作業台下の引き出しがちょうどよく、
ガスコンロ横は「なんとなく」そこが調味料入れだと思っていたからです。

でも最近、調味料を量る時にそれぞれの引き出しを開けること、
特にガスコンロ横を開けるのが面倒な気がしてきました。

ふと「一緒の場所にすればいいんじゃない?」と思い←気づくの遅い・・・。

というわけで、作業台の下に集中させることにしました。

深さがある引き出しなので、

無印良品のポリプロピレンメイクボックスの大と小を購入して重ねました。

高さを作りつつ、収納することができます。

「積み重ねボックス」をいつもはダイソーで買っていますが、
しっかり重ねたい時は無印良品のPPメイクボックスを使っています。
開け閉めする引き出しで重ねてもずれにくいです。

【after】

下段の深いボックスに砂糖や塩の袋を収納しています。

集中させることで、料理をする時の「調味料を量る時間」が短縮されました。

引き出しを開けたままで、次々に出しては量ってスムーズに戻せるのがとてもラクです。
コンソメや中華だしもここにあるので、調理中この引き出し一つ開けるだけです。

ちょっとした動作でも、毎日何度も繰り返すことなので改善されると嬉しいですよね。
長い期間でみるとかなり時短になると思います。

ガスコンロ横下には「コンロで使うキッチンツールの2軍」を入れました。
あまり入っていませんね。

「そこにあることが当たり前なのか」

疑ってみると、家事がラクになることがまだまだありそうです。

皆さんはどうですか?

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です