[記事公開日]2018/04/08

「丁寧な暮らし」はこんなことの積み重ね

封筒の口、ハサミで切っていますか?

ママ友達数人に聞いたところ、ほとんどの方が手でやぶいていました(笑)

まず「ハサミがすぐ見つけられない」といった答えもかえってきましたよ。

夫もすぐ手で破いてしまいます。

 

手でやぶくのと、ハサミで切ったのとでは見た目の美しさの違いは一目瞭然。

それほど気にならないかもしれませんが、

ビリビリにやぶけた封筒の口を見る度にちょっと実は「ザワっ」とした気持ちになっていませんか?

封を開けてすぐ処理をして捨てられるものならまだしも、

しばらくは封筒に入れておいた方がわかりやすいことがありますよね。

その封筒を見る度にザワザワするよりも、美しく、サッと中が取り出せる方がいい。

ちょっとしたことですが、「丁寧に暮らす」とはこういった動作の積み重ねなのかなと思います。

トントンとしてから。

チョキン。

お気に入りの無印良品のハサミです。

これよりも。

こっち(右)の方がやっぱりいい。

 

ハサミを、玄関にも置いておくとすぐ見たい時に便利です。

我が家はハサミとカッターはリビングと玄関にそれぞれ置いてあります。

宅配などもすぐ玄関でカッターで開けて中だけ家に持ち込み、段ボールを玄関隣の古紙置き場へ直行です。

散らからず短時間で、宅配便の処理ができます。

 

まずはハサミの定位置を決めて、今日から封筒はハサミで切ってみましょう。気持ちがいいですよ。

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です