片付けをして家具が空く、そしてその効果

整理収納アドバイザーのまいです。

昨日、おもちゃの片付けについて書きましたが「たからものボックス」の中のモノをランドセルラックに置けるのではないか?

という考えが浮かびました。

昨日の記事→子供のおもちゃとランドセルラックの片付けをしました

 

ランドセルラックはスペースに余裕があります。

たからものボックスの中身を下段に置いてみました。

とりあえず家にあるボックスを配置。

写真斜めだしちょっとまだごちゃごちゃしていてスミマセン・・・。

置けました。これからいい感じのボックスを探して入れ替えてもう少し整えます。

 

この「たからものボックス」は処分します。

私のクローゼットからおもちゃ箱へと充分に活躍してくれました。

本なども片付けたらもう一つ棚が空きました。

この棚は気に入っているので何かしらに使うかもしれません。

片付けの醍醐味に、モノが減って収納がしやすくなり家具や入れ物が減っていくことがあります。

苦手だった時は「片付け=収納用品や家具を増やすこと」でした。スペースや入れるモノにピッタリサイズの収納を探すことに必死になっていた時期があります。

使わないモノを減らせば、収納を増やす必要が無いという簡単なことに気づかず右から左にモノを移していました

 

家具が減ると床面積や壁面積が増えます。

見た目すっきりするし、掃除が格段にラクになります。

家具の背面のカビやホコリの心配も減ります。

 

掃除やモノを管理する時間が減って、他のことに使う時間が増えます。

段取りよく進めたり、前向きにチャレンジできるようになります。

 

片付けはやっぱりいいですね♡

 





こちらの記事も読まれています