実家の片付けその6「庭の整理」粗大ごみは早めに

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

実家の片付けに行ってきました。

マンションの1階角部屋なので、結構広めな庭がありまして。

たくさんの植物を育てています。

ガーデニングは全くわからないので、そこはノータッチ。

 

軒先に、母の仕事と趣味のモノが山積みだったのでそこを整理してきました。

なんと衣装ケースが14~15個ありまして、、、。

積んであるのと、ラックに置かれているもので雑然としていました。

ケースの中も入っていたりいなかったり、置き場所も適当なので何年も開けていないケースもありました。

 

とりあえず全部のケースを一度移動して、軒下の掃除。

ケースの中もざっと見直して分別し、古い衣装ケースが2つ空きました。

さらに大きなラック2つにケースなどを収納していたのですが、思い切ってそれもなくして直接積むことに。

 

After(Beforeは母いつもNG)

これでもだいぶ片付いたんです・・・。ほぼ屋外なのでケースがだいぶ劣化しています。

せめてケースに統一感があれば見た目良いのかもしれません。

 

本当は家の中に置ければよいのですが、スペースを取り過ぎて入りません。

物置とかベンチストッカーを置くのがいいのかな・・・。

 

処分する棚と衣装ケース

大きなラックと木の棚を処分します。

 

棚を積み上げたり下に布とかお皿とかとにかく何かを敷くのが好きなので、収納用品が多いしごちゃごちゃします。

 

ここ数回の片付けで、一度粗大ごみを出しましたが1万円超えました・・・。

今回と前の片付けで粗大ごみに出すものがまだあり、庭に放置されていた棚や鉄の板などもついでに片しました。

また結構な処分費になりそうです。

 

さらに毎回45Lのゴミ袋も4~5袋くらい出しています。

どれだけ家の中にモノがあったのでしょうか・・・。

 

でもこの2か月くらいで家の中がどんどんきれいになって、台所や居間はすっきりした状態をキープできているようです。

片付いた状態の気持ち良さを知ってくれたようで嬉しい。家の中の風通しも良くなるし掃除もしやすくなるはずです。

 

母は「全部出し→掃除→仕分け」という流れがとてもスムーズになって、処分の判断も早くなってきました。

片付けは慣れれば早いし、フットワークも軽くなります。

 

これらの粗大ごみ、年末間に合うかな?

これから混雑するので、粗大ごみは絶対早めに申し込んだ方がいいです。

面倒なので「まとまってから」と思いがちですが、衣装ケース1つでもとりあえず申し込んでしまった方がいいです。

 

粗大ごみはためずにその都度申し込む。

 

大きいモノが先に家から出ていくと、片付けや掃除もしやすくなります。

玄関や庭には、不用品が放置されがちですね。思い切って処分するとすっきりします。

粗大ごみの申し込みはお早めに~。

↓気が向いたらポチお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ





こちらの記事も読まれています