【夏休みの宿題】読書嫌いな子に本を読ませる

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

先日の記事はこちら。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー(KYM-014)を使ってみた!

読んでいただき、ありがとうございます。

7月が終わりますね。いよいよ夏本番。そろそろ気になりだすのが「子どもたちの宿題の進捗」

我が家では、毎日午前中は宿題をすることにしています。どこまでやるかより机に向かう時間を決める方が進みやすいからです。

読書感想文とか自由研究とか大物は自分だけではなかなかできないので、これが頭の痛い問題ですよね。

左が次男小5、右が長男中1が読んでいる本。

Amazonでアニメを見て、面白いらしい「銭天堂」。長男は歴史が好きなので、それ関係です。

銭天堂は小学生の間で流行っているみたいですね。とりあえず、本人が興味を示す分野でチョイス。

息子たちは、読書があまり好きではありません。漫画は好きなんですけどね。

でも、夏休みは読書感想文の宿題があり本を読まなければいけません。

今年は、いくつか私から『夏休みの約束』を提案しました。

その中の一つに「毎日10分は本を読む」というのを入れて早くから宣告していたら、その通りにしてくれています。単純です。

よく学校で朝読書タイムがあったりしますが、その感じ。

我が家の場合、目標を本を夏休み中に読み終えるより「毎日読む時間をもうける」方が結果的に進むみたい。

二人とも姿勢が・・・

午前中に宿題を終えた後や、お昼ご飯ができるまでとか「はい読書タイムにして~♪」と声をかけると素直に読んでいます。

宿題はとりあえず机に向かう、読書はその時間を作るという小さなアクションをすることでエンジンがかかります。

私のこの夏読む本。ライティングのためだったり、今興味がある本だったり。手前2冊は購入した本。他は図書館で借りました。すぐに読みたいのに、図書館の予約が多い時は購入します。

本はその道のプロが人生をかけて経験してきたことを、教えてくれるツール。

たった1000円前後で知識や情報を得られるのだから、本当にオトクです。子どもたちももっと読めばいいのにな~。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に写真↓をポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

整理収納アドバイザーまいの楽天ROOM
買ったものだけ紹介している私の楽天ROOM

記事をシェアしてくれると嬉しいです!