[記事公開日]2017/10/24

クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプが便利

掃除の頻度

リビングの掃除、どれくらいの頻度で行いますか?

私はほぼ毎日、ざっと掃除機をかけています。時間は短くて3分くらい。

毎日のように掃除機をかけるのは犬の毛がすごく落ちるからと子供が小さいので食べこぼしが多いのです。あと私が専業主婦で時間があるからで、毎日はなかなかかけられないかもしれませんね。

あと、コードレス掃除機だからホコリに気が付いた時にすぐにかけられるからかも。

関連記事→コードレス掃除機 ダイソンとマキタとちらがオススメ?

そして一週間くらいに一度、上からホコリを落として家具をずらして掃除機をかける「念入り掃除」を行っています。

ほこり取りにクイックルワイパーハンディ

週に一度の念入り掃除の時に必ず使うのが、「クイックルワイパー ハンディ (伸び縮みタイプ)」です。もう何年も前から愛用しています。

【ハンディの状態】

【伸ばした状態】

【先が曲がります】

使う場所

掃除の基本は「上から下」です。一番高いところからホコリを落としていき、最後に掃除機をかけます。

まずカーテンレールをこのようにサッとかけます。

壁にも案外ホコリがついています。結構な高さまで届きます。

照明やドアの上、壁掛け時計や写真立てのホコリも取ります。

ホコリ取りは週に一度くらいやっておくと、まだ乗っかっている状態なので取りやすいです。

期間が空いてしまうとこびりついて落としにくくなるのでできれば汚れが軽いうちに取ってしまいたいですね。

クイックルワイパーの置き場所

あと「ホコリが目立つ場所」といえばテレビとパソコン。

気づいた時にさっとかけられるように、2か所にクイックルワイパーを置いています。

まずは、テレビ台の中段の無印良品のバスケットの中です。

読みかけの本と一緒に入れています。

テレビの上や裏にホコリがつきやすいです。

あとビデオの上もホコリが目立ちます。

テレビ台にあるので、気が付いた時にさっと拭けます

関連記事→【DIY】テレビ台を自作無印標品とニトリのラタンバスケットを比較

2か所目はパソコンの近くです。

私のパソコンコーナー。右のニトリのバスケットに入れています。ここにはカメラも置いています。どちらもさっと取り出すことができます。

パソコンのキーボードにすぐホコリがたまるので気づいた時にささっと。

クイックルワイパーハンディ伸び縮みのメリット

ホコリ取りは様々な種類が販売されていますね。私も過去には100円ショップで買ったり、モップタイプで洗えるものを試したりしました。

でも伸びないと不便だし、洗うのはやはり面倒。

これは伸び縮みするのでコンパクトになるし、何しろホコリがよく取れます。

片側が汚れたら裏表つけなおしてまた使えます。上下も変えられます。

捨てる前はエアコンや冷蔵庫の裏など、かなり汚れたところに使って処分しています。

掃除道具の置き場所は「汚れやすい場所・使う場所の近くに」しましょう。

複数持ちでもよいので、置き場所を意識すると面倒にならずにキレイをキープすることができます。

【ご紹介の商品】

クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ 本体

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です