[記事公開日]2017/11/21
[最終更新日]2017/12/01

もち麦が便秘に効く! 茹で方と食べ方♪

今日はお通じのお話をするので、お食事中は読むのを避けてくださいね(笑)

今朝「あさイチ」でもち麦が紹介されていたので、便乗して私の調理や摂取方法についてご紹介させていただきます♪

もち麦を食べるきっかけ

今年の初めに、「3年間で5キロ太った体重」を戻すべくダイエットを始めました。

ちょうど、もち麦ダイエットがテレビで取り上げられているのを見て試してみました。

関連記事→40代のダイエット 私の方法

最近買っているのはこのもち麦です。年初はスーパーで売り切れ続出でしたが最近は普通に買えるようになりました。

もち麦の効果

元々便秘になることはほとんど無かったのですが、もち麦を摂取するようにしてからは「安定した質の良いお通じ」になりました。

歯ごたえが良いので食べごたえがあって、腹持ちも良いです。味も好みで、私は半年以上飽きずに毎日食べられていますよ。

取り入れ方

ご飯と一緒に炊く方法もありますが、面倒なのと子供たちがもち麦を食べないので「茹でてトッピング」する方法を取っています。

茹でて冷凍しておいて、少しずつ解凍して料理に加えています。

もち麦の茹で方

1.鍋にたっぷり水を沸騰させる。

2.もち麦を入れて軽く混ぜ、フタをして5分くらい茹でる。

3.フタをしたまま10分くらいおいたら茹で上がり。

4.水で洗ってぬめりを取る。

5.ジップロックに入れて平らにならし、冷凍する。

少し凍った時にほぐしておくと固まりません。

注意すること

もち麦を摂取する時に気を付けなければいけないことがあります。

「もち麦を食べたら逆に太ってしまった!」という方がいるそうです。

カロリーだけを見ると白米より高いことと消化がゆっくりなので、「食べ過ぎる」ことと「夜食べる」ことは太ってしまう可能性があると聞きました。

あと、「かえって便秘になった!」という方も。

そんな時は水分を多くとることと、不溶性食物繊維(きのこやわかめ、豆芋類等)を一緒に摂るように気を付けると改善されるようです。

私の食べ方

私は朝と昼に、メニューによって大さじ1杯くらいずつ摂っています。メニューに合わない時や夜は「おからパウダー」を使います♪→おからパウダーについてもダイエット記事に少し書いています。

茹でたもち麦は解凍してトッピングしたり、スープやみそ汁には凍ったまま入れれば良いのでラクです。

・フルグラにトッピング

・スープに入れたり。

あとはサラダにトッピングしたり、お昼のカレーの時にご飯に混ぜたりします。

もち麦の詳しい栄養成分については検索すると色々出てきますので、興味があったら食べる前に調べてみてくださいね。

ついでに・・・

便秘知らずの私の朝習慣

1.起きぬけに冷たい水を1杯飲む
2.コーヒーを飲む
3.スムージーを1杯飲む 関連記事→スムージーの作り方 簡単で毎日おいしく
4.朝食にもち麦やおからパウダーを摂取

ダイエットをする前から便秘知らずだったので、特に1と2の水とコーヒーが効果があるのだと思います。お悩みの方は試してみてくださいね。

なぜかamazonでは倍くらいの値段・・・。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です