[記事公開日]2017/12/08

キッチンツール収納 我が家は「しまう」

昨日LIMIA(リミア)さんで掲載していただいた記事とほぼ同じ内容になります。

おたまやフライ返し、泡だて器などのキッチンツール。
どんな風に収納していますか?

一般的には「つるす」「立てる」「しまう」だと思いますが、家事のアクションの好みによって実は合う収納方法が違います。

収納方法の選択の仕方

”引き出しを開けて道具を出し入れする作業”が面倒→「つるす」か「立てる」
”掃除でどかしたり持ち上げたりする作業”が面倒→「しまう」

我が家のキッチンはこのように、キッチンツールはしまって壁とコンロ周りには何も置いていません。

鍋もフライパンも調味料も全てしまっています。

私は、掃除をする際に持ち上げたりする作業が嫌いです。
そもそも掃除が面倒です(笑)
「しまう」収納にすると、壁などに何もないので一気に拭くことができます。

「つるす」と「立てる」の例

これはこれで良いですが・・・。

ぶらさげていたり置いてあると、モノの「掃除」と「管理」が必要になります。だからなるべくしまうようにしています。

収納例

我が家ではこのようにキッチンツールを収納しています。

キッチンで一番開けやすい場所、作業台下の引き出しに入れています。

この引き出しの右のスペースが、キッチンツールの「一軍」(毎日使う)です。

ツールの二軍は「毎日」は使わないモノです。

一軍の下にある引き出しに、立てて収納しています。

収納のポイント

どのように収納するにしても、毎日使う「一軍」とそうでない「二軍」とに分けることで、使用頻度の高いモノに絞り少なくすることで取り出しやすくすることができます。

この「一軍」と「二軍」に分けて収納する方法は、キッチンツールやカトラリーに限らず食器や文房具、バッグなどもやってみると普段使いのモノが取りやすくなります。

分けて「一軍」は、とにかく手に取りやすいゴールデンゾーンに置きます。

「毎日すること」「頻度が高いこと」をラクにするのが家事ストレスを減らすポイントになります。

まとめ

キッチンツールの収納、どの作業なら苦にならないかによって方法が変わってくると思います。

私としては「しまう」収納をやはりオススメします。

壁とコンロ周りを一気に拭くことができるのは、汚れがたまらずとても掃除がラクだからです。

毎日それを実感しています。

「収納するところが無い」と思われるかもしれませんが、一軍だけならそれほど多くのスペースを必要としないのでできるかもしれません。

私が片付けのお手伝いに行く時は、掃除がラクな「しまう」のか、ぱっと取れる「出しておく」のか希望を聞くのですが、皆さん「しまう」を選択されます。

そして、最初は「出来るか不安」でも、キッチンにある不要な物を処分したり、使用頻度の低い物は取り出しにくい場所に移動させることで「しまう」ことが可能になります。

【before】

【after】

壁に何もないキッチンを実現できています。

掃除がとてもラクでキレイを保てるので、キッチンツールの「しまう」収納、オススメします♪

バスグッズも出しておかずに「しまって」います。参考までにこちらもどうぞ♪

関連記事→お風呂掃除を楽にするコツ 我が家のバスルーム

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です