[記事公開日]2018/03/20

夫の服を断捨離する方法

夫は自発的にモノを捨てることをほとんどしません。

穴の空いた靴下とか擦り切れた下着とか・・・
そのレベルになって初めて「これ捨てるね!」とやってやった顔でゴミ箱へ。

私も捨てることが苦手(だった)ので我が家が2部屋物置化するのも当然だし、彼は開かずの間に対して何の疑問も持っていなかったみたいです。

まだ着れる洋服を自発的に処分するなんてことは夫にはあり得ないので、数年に一度私が見直しています。

 

「夫の服の断捨離方法」(我が家の場合)

絶対に、人のモノを勝手に捨ててはいけませんよ~。信頼関係が崩れてしまいます。

1.「客観的」に見て処分した方が良いと思う服を山にする
(取れないシミがある、ほつれている、毛玉だらけ、型崩れしている、時代遅れ、着ているのをしばらく見ていない)

2.夫を呼んで、一つ一つ対象になった理由を説明する

3.「気に入ってるから部屋着にするよ~」などとストップする服は残す

これで45Lのごみ袋2つ分処分がでました。気に入らなかったりデザインが古くてまだ着れるものはリサイクルのダンボールに移します。

「こんなにクローゼットから処分品が出たよ!やったね!嬉しいね!」と、テンション上がる私に対し、

「そうだね・・・」と疲れてしまった夫。

「2万円くらい予算とるから新しい服買おうね!」と言ってみましたが、

「そんなに要らないよ・・・」と返ってきました(笑)

 

気に入っているモノだけを適正量持って、

「もういいかな」と思えるまで使い倒す。

あまり着ない服を沢山持つより、

ずっと豊かな暮らし方だと思います。

 

と、何年も言っているのになかなか理解できないみたい(笑)

 

だいぶ着て細かい毛玉もできてるし、年齢的にもちょっとな~と思うこのグレーのパーカー。

なんどか買い替えをススメてみたものの、気に入っているらしくまだ着たいそう。

毛玉取りで細かい毛玉を取りました。トレーナーも結構毛玉できますよね。

見た目が悪いだけでなく、汚れて見えるし手触りも悪くなります。

我が家で愛用の毛玉取りについての記事
毛玉取りはこれで決まり!毛玉だらけのプチプラ服や靴下がまだまだ使える(LIMIA)

 

今日思いがけず、靴箱の整理をしたのだけど。

こんなのもまだ置いてある。(閲覧注意)

明日燃やすごみの日だからさよならして欲しい・・・。

 

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です