買って良かった家電No1!ドラム式洗濯機

引越しと同時に洗濯機を新調しました。

 

縦型とドラム式、どちらにしようかずっと迷って、

友達にもどちらを使っているか聞きまくりました。

 

結果、、、

ドラム式を購入しました!

 

これが大正解だったのでそのお話をしようと思います。

 

我が家が購入したのはこちら。


日立 HITACHI BD-SV110CL ドラム式洗濯乾燥機  [洗濯11.0kg /乾燥6.0kg /左開き]

ドラム式を使っている人にメリットを聞くと、

「タオルがふわふわだよ~」「干す手間が無いよ~」

 

正にその通りでした。

洗濯パターンは、

夜、タオル・肌着・靴下など細かいものを入れて予約(翌朝洗濯→乾燥)

翌朝、トレーナーやズボンなど厚手のものを洗濯→乾燥しています。

※乾きやすいものと乾きにくいものは分けて乾燥した方が時間がかからないので。

 

朝起きた時にほわほわふっくらのタオルを触る幸せ♡

引越してから2週間経ちますが、外には2回しか干していません。

まだ周りの家は工事が終わっていないので、砂埃がすごいこともあるのですが。

 

ラクさを知ったらやめられない、洗濯→乾燥。

 

これまでは、

→朝起きたら洗濯を入れて回す

→室内で干して外に出す

→夕方取り込む(部屋にぶらさがってる)

→翌日カゴに入れる

→時間がある時にたたむ

だったので、部屋に半日は洗濯物が下がっているし、たたむのが面倒で2日分くらいはカゴにたまったりしていました。

 

それがドラム式にしてからは、、、

→洗濯から乾燥

→洗濯機から取り出しながらたたむ

以上。

 

メリットだらけです。

・干す手間がない
・取り込む手間がない
・部屋に洗濯物がぶらさがることがない
・ネットに入れる必要がない(細かな靴下などだけいれる)
・3時間後にはすぐ着れる
・天気や花粉を気にしなくて良い
・ベランダに出ないので服装を気にしなくて良い
・洗濯物がふわふわ

買って良かった家電No1かも。

でも、

デメリットもあります。

・ほこりを毎回取る必要がある
・電気代が気になる

尋常ではないほこりがでます。

パッキン部分とほこりフィルターの掃除を、乾燥を使ったら毎回する必要があるので手間です。

 

あと気になるのは電気代。

でも、1回の洗濯→乾燥は実は39円。案外安くないですか?

これだけのメリットと時短を考えるとこの電気代は痛くない。

 

汚れもよく落ちます。

しわになったり、生地が傷むといったことも今のところありません。

 

洗濯物の量にもよりますが、洗いから乾燥まで3~4時間なのでタオルや服のストックも少なくて済みます。

これから花粉の時期なのでまだまだ活躍してくれそうです。

 

ドラム式、きっと数年で格段に進化しているのだと思います。

洗濯機の買い替えがある方は、ぜひドラム式も検討してみてくださいね。





こちらの記事も読まれています