カラーボックスにキャスターをつけて移動できる収納

ここ数日、子供部屋の片付けをしています。

モノが減って、スペースができると中を移して家具自体を減らしていくことが出来ます。

そんなこんなの模様替えをするのが大好き♪

 

子供のおもちゃや紙類を収納している棚は、カラーボックスを横にしてアレンジしたものです。

前居ではクローゼット内を仕切るために使っていました。

引越しと同時に処分しようかと思いましたが、アレンジして使っていました。

100円ショップで購入したキャスターを、裏に瞬間接着剤で付けました。

上にもう一つ重ねて大容量に。

上段は背面を抜きました。

キャスターを付けることで移動が簡単になり、掃除がしやすくなります。

 

今回、入れていたモノが減ったので上段を外しました。簡単に取れましたが、瞬間接着剤の後が残っています。

レンガ柄のウォールステッカーが残っていたので、貼ってみました。

漫画を収納してリビングに。

ベンチみたいに上に座る事もできるし(自己責任で)、モノを飾ったりすることもできます。

ボチボチ片付けが続いているので、また変わるかもしれませんがとりあえずこれで。

 

カラーボックスは立てたり横にしたり仕切ったり、2つ立てて並べて板を渡せばテーブルにもなるし便利ですよね。

 

 

 





こちらの記事も読まれています