捨てることが苦手な人が踏み台3つ中2つ手放す

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

片付けをしていたら、踏み台が3つも家にありました。

日々見直しをしているのにまだ、使わないものが家にあるのです。

同じような折りたたみの踏み台です。

 

なぜ3つもあるかというと、

高いところのモノを取るときに、すぐできるように各所に置いていたから。です。

 

1階と2階のクローゼット、物置。

前居に住んでいた時購入しました。

 

はさみやシャチハタなど複数持っていて、リビングと玄関に置いています。

いちいち取りに行くのが面倒な場合は、各所に置くのも有効な方法です。

片付けは減らすだけでは無いこともあります。

 

さて、現在の家に引っ越してきてからは3つの踏み台のうち、一番高い茶色の1つしか使っていません。

主に1階で。

2階には、踏み台にもなるスツールがあるので出番がなくなりました。

リミアさんでご紹介→「座れる収納ボックス」が何通りにも使えて便利!

「座れる収納ボックス」が何通りにも使えて便利(LIMIAさん掲載)

 

茶色の踏み台を残して、2つは手放すことにしました。

壊れていない使えるモノを捨てるのは、心苦しいです。

 

捨てることが苦手な私の、自分への言葉がけ

→「もったいない」のは捨てることではなく「使わない」こと

 

手放す方法は色々あって、リサイクルや人に譲ったりという選択もありますが。

ピンクの方は剥げたり汚れているし、マルチカラーのは開け閉めが固く手間取ります。

→売れないし譲れないので、捨てる

こんな風に考えてやっと処分にいたります。

 

数年前に大片付けをした時はこの繰り返しで辛かったです。

処分してしまえば、スッキリしてすぐに忘れてしまうのですが。

 

辛い思いをしたから、買い物をする時やモノが家に入り込む時に慎重になりました。

使い切れるモノを選べるようになりました。使い倒せば捨てやすい。

 

片付け頑張りましょう☆

↓気が向いたらポチお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ





こちらの記事も読まれています