ようやく手放した靴

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

今日は玄関を少し片づけました。

玄関には、定期的に見直すと処分できるものが結構あります。

 

子どもたちの靴を処分しました。

穴が開いたり少し小さくなって新しい靴をおろしましたが、予備にとっておいたものです。

大雨で濡れたら、とか新しい靴が合わなくてまた履くかも・・・とか考えてしまいます。

交換して1か月くらいたったのでもういいですね。

 

あと私のパンプス。実は1、2回しか履いていません。

会社帰りのデパートで、ピンクゴールドの色とデザインが気に入って試着もそこそこに購入した靴です。

私は足のサイズ24cmなのですが、これ23.5cmなのです。

ものによっては23.5cmも履けることがあります。試着した時はたぶん、少しきついけど一目ぼれして買ってしまったのだと思います。「夕方だからきっと足がむくんでるのね」とか思ったかもしれません。

 

でも・・・履くと足が痛くなりお蔵入り・・・。

 

これまで何度か、「痩せれば履けるかも」とか「少し我慢すれば履けるかも」とか思いながら足を入れてみるもやっぱり痛い。

土踏まずにクッションを貼ってみましたがだめでした。

 

ほとんど使っていないのでメルカリに出せるかな、と思い箱をふと見たら・・・。

「検品07.04.03」と書いてあります。なんと、13年前の商品みたいでした。

 

古すぎる・・・。

靴は履かなくても劣化して、久しぶりに履いたら靴底や中敷きがはがれることがあります。

次に使う人がすぐそんな状態になったら悲しすぎます。

 

ベルト部分を裏返してよくみたら、シミがついていました。

勉強代として処分することに。これまでよく手放さずに持っていたものです。

箱に入っていたので余計に目につかなかったのだと思います。

 

あまり使っていないものは手放しづらいですね。気に入っていればなおさらです。

買い物は失敗しないことが一番良いですが、もし失敗してしまったらなるべく早く人にあげるなりリサイクルするなり手放した方がいいですね。

長期間保管したうえに処分が一番悲しい・・・。

 

靴箱の中をざっと拭いて、玄関も掃除しました。

天気の悪い日は片づけをすると気分がすっきりします♪

↓気が向いたらポチお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ





こちらの記事も読まれています