ドイツのライ麦パン「プンパニッケル」を食べてみた

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

昨日の記事はこちら。

【成人矯正】青ゴムを外してバンドを装着

読んでいただき、ありがとうございます。

今年分のコラムを書き終えたし、今日は夕方まで予定がないから家のことをするぞ。

子どもたちを送り出してから、まずは久しぶりにゆっくり朝ごはん。

気になって買っておいた「プンパニッケル」を今朝食べるのだー。

プンパニッケルとは

プンパニッケル(プンパーニッケル)とは重量感のある食事パンで、少し酸味があります。

ドイツのヴェストファーレン地方が発祥とされますが、現在ではドイツ全土のみならず周辺諸国でも製造され食されています。

粗挽きライ麦とライ麦全粒の粗挽きを90%以上使用することと、型に入れてから16時間以上の長い焼成時間を掛けて製造するのが特徴。

スライスしたプンパーニッケルにサワークリームを塗ったり、クリームチーズ、ハム、スモークサーモンを乗せ食べることが多く、シチューなどの煮込み料理に添えられることも多いです。

Wikipediaより引用しました。

プンパニッケルの材料

「メステマッハー」社のプンパニッケル。近くの輸入品販売のお店で見つけて購入しました。

原材料には有機全粒ライ麦、有機麦芽エキス、海塩、イーストとあります。体に良さそう。

保存料は使用されていませんが、賞味期限がとても長くて半年以上も先です。

食べてみる

開封しました。ずっしりと重たい。薄くスライスされているので、はがすだけで食べられます。

食べ方のオススメを調べたらベーコンやサーモン、卵を乗せたり。あと、クリームチーズやナッツも合うらしいので、、、。

一枚を半分にカットしてベーコンエッグ、クリームチーズとミックスナッツはちみつがけを作ってみました。

味は?

手に持つとポロポロするので、ナイフとフォークで。

メーカーにもよるかもしれませんが思ったより酸味がなくて、食べやすいです。もっとクセがあると思っていました。

歯ごたえがよくて、噛めば噛むほどライ麦のうまみが感じられて美味しい。味は玄米フレークみたいな?例えるのが難しい。

クリームチーズを塗ってから、砕いたミックスナッツを散らしてはちみつをかけました。

チーズがとても良く合います。パンの味がナッツにも近いので全く違和感がありません。美味しいです。

クラッカーの代わりに、カナッペみたいにしてもいいですね。一枚でお腹いっぱい。その後の腹持ちも良かったです。

保存方法

開封後常温では2~3日で食べきった方が良いそうです。

一枚ずつラップに包んで冷凍保存ができます。

常温解凍でもいいし、トーストしたりフライパンで焼くと美味しいみたいなのでやってみようと思います。

おわりに

口に合うかどうかドキドキしながら、ゆっくりできる時に食べようとなかなか開封できずにいました。

食べてみるとクセがなくて歯ごたえがあって、美味しかった!好みがわかれそうですが、個人的にはとても好きです。雑穀やハード系のパンが好きな人ははまるかも。

長期保存できるし腹持ちがいいので非常食にもピッタリ。買い足して常備しようと思います。

グルテンフリーで、食物繊維やミネラルが豊富に含まれ添加物なし!健康志向な人にもピッタリですね。

勝手ながら、パッケージの写真はサーモンとか生ハムのオープンサンドにした方が美味しそうなのに、、、と思ってしまった。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に写真↓をポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

整理収納アドバイザーまいの楽天ROOM
買ったものだけ紹介している私の楽天ROOM

記事をシェアしてくれると嬉しいです!