日立ドラム式洗濯乾燥機BD-SV110CLのC09エラーの修理に来てもらいました

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

前回の記事はこちら。

読んでいただき、ありがとうございます。

数か月ストレスになっていたことが、昨日解決しました!

洗濯機のエラーが続いていまして、だましだまし使っていたのですがやっと修理に来てもらいました。

同様の現象が起きている方の参考になればと思うので記載しますね。

日立のビッグドラム、型番はBD-SV110CL(2019年製)です。

エラー内容

「C09」とランプがついて洗濯や乾燥後に警告音が鳴る。

→ロックがかかって扉が開かない。

洗濯は最後までできるのですが、扉が開きません。グッと押して一時停止を押すと解除されて開けることができます。

洗濯のたびにこれをするストレス・・・。

ネットで色々調べてみたら結構起きている現象らしいのですが、自分では解決できそうにありませんでした。

購入時に長期保証をつけていたので購入店に電話をしてメーカーの方から折り返しもらい、そして昨日修理にきてもらいました。

ソフトウェアのバージョンアップのみで直ったというコメントが多かったのですが、我が家もやはりその現象の模様。

ここを開けるとケーブルの差し込み口があるそうなのですが・・・。

口が固すぎで開かないようで洗濯機の上部を外すことになりました。(撮影許可をもらっています)

機械の中を見るのが好きなので、ワクワクします。

ケーブルを繋いで、端末からアップデートしました。かかったのはほんの数分。

洗濯機の故障ではなく、センサーが敏感になることで起きるエラーらしいです。

長期保証ですが、関係なく今回のエラーの場合は無償で修理してくれるとのことでした。

良かった!修理後はエラーが出なくなり、ほっとしました。

数か月我慢してしまいましたが、もっと早く電話すれば良かったです。

ついでに乾燥ダクトのホコリの取り方について気になっていたことを聞いてみたので、明日以降のにっきでまた書きますね。

↓書きました。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に写真↓をポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

整理収納アドバイザーまいの楽天ROOM
買ったものだけ紹介している私の楽天ROOM