洗濯物の生乾き臭には「ワイドハイター」を使おう

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

前回の記事はこちら。

読んでいただき、ありがとうございます。

東京は良い天気です!

でも、洗濯物は部屋干ししています!

除湿機を使って洗面所での乾燥を始めてからまだ数日ですが、超快適。

下からそよ風が吹いています♪

「洗濯物を2階へ運んで干して、夕方取り込む」これが無いのが一番ラクです。

洗濯物をたたむのは、夜お風呂に入る前。

これまで、ドラム式で乾燥したタオルその他をたたんで戻して、外干しの衣類をたたんで各場所に戻して・・・をしていました。

洗面所内だけで、たたむ作業が全部終わるのがいい。

寒くなると、洗濯物が冷たいだけなのか乾いていないのかわかりづらいですよね。それもない。

さて、本題です。

洗濯物の「生乾き臭」どうしていますか?

我が家はこれ。

「色柄物も、化学繊維も漂白できますワイドハイタ~♪」でおなじみ。

これを入れると入れないとでは、洗濯物の臭いが違います。

部屋干ししても全然臭いません。(我が家の場合)

色柄は実感としては、逆に濃くはっきりするような気さえします。

洗濯の消臭には酸素系漂白剤が良いそうなので、オキシクリーンを入れたこともありますがワイドハイターが一番すっきり。

50代夫婦と、中学・小学校高学年男子がいても臭いませんよ。シャツの首まわりもきれいになります。

洗濯物の臭いが気になる方はぜひ試してみてくださいね。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に写真↓をポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

整理収納アドバイザーまいの楽天ROOM
買ったものだけ紹介している私の楽天ROOM