[記事公開日]2017/07/16
[最終更新日]2017/10/05

バッグ・服・本 他の捨てにくいモノの処分方法

処分方法

そのまま捨てるのは惜しい、捨て方が分からずに調べて処分したモノについて私が行った方法です。

ブランドのバッグ

ブランディア
Webで申込み→段ボールが届く→宅配業者に渡す→査定メールがくる→了承すると入金

勤めていた時に買い集めたブランドのバッグと洋服をこちらでリサイクルしました。
ヴィトンの大きな肩掛けバッグを持っていて、大切に使って娘ができたら譲ろうと思っていたのですが子供は男ばかり・・・。
通勤で毎日のように使っていたのですが、全然出番がなくなったので手放しました。これです。

購入時の3分の1の値がつき嬉しかったです。まだ比較的新しかったからだと思います。他にはコーチのバッグ数点や革のジャケットがそれぞれ1000円以上の値がつきました。

使わないけど高いものは、ただ捨てるのは難しいですよね。

着れるけど着ない洋服

ツーハンズ
Webで申し込み→段ボールを用意して洋服を詰める→送る→査定メールがくる→了承すると入金
引き取り基準:次の方がそのまま街で着て歩けるもの
シミ汚れ、毛玉、色あせ、穴あきはNGです。

査定金額により納得できなければやめることもできます。段ボール2箱いっぱいに詰めて1000円くらいだったと思います。査定結果がでるまでに1か月半か2か月くらい待ったと思います。気長にですね。
それにしてもノーブランドでも引き取ってくれるのでありがたいです。引き取り対象外と判断されたものもそのまま引き取ってくれます。私と夫の洋服をツーハンズさんに大量に引き取っていただいて洋服がかなりすっきりしました。

最近またブログを始めたら断捨離したくてうずうずしています。「ツーハンズ箱」を設けて日々そこに入れています。いっぱいになったら送ります。

衝動買いやサイズが合わなかった、似合わないからなかなか着る機会が無い服は思い切って処分して新しい本当に必要な服に出会えるといいですよね。

ブックオフ

Web申し込み→段ボールを用意して本を詰める→送る→査定メールがくる→了承すると入金
当時は近くに店舗があり、電話一本で台車を押して引き取りにきてくれました。
今はWEBで申し込みを行って送るという作業は洋服とほぼ同じですね。

私の場合、150冊で4300円の査定でした。思っていた以上に高値で売れました。全部で2000円くらいかと思っていたのでびっくり。
新刊の単行本がやはり高い値段がつきます。電車通勤していた時は小説など本をかなり読んだのですが今は全然です。当時、「読み返したい本・手元に置いておきたい本」だけ残しました。10冊くらいしか残らなかった気がします(笑)

食器

玄関に「ご自由にどうぞ」とやりたかったのですが・・・夫になんとなく嫌だと反対されやめました(笑)

欠けているもの、揃っていないもの、ここ1年出番がなかったものを思い切って処分しました。食器は私にとって処分が難しかったですが、なぜ捨てにくいのかよく考えてみました。それは割れない限り捨てる理由がないからです。自分自身に「食器は腐らないから捨てにくいけど賞味期限がきた」と思うようにしてふんぎりました。洋服も同じように考えて処分することがあります。今となってはどんな食器があったかも思い出せないので問題ありませんでした。

処分した後は気に入ったものを少しずつ集めています。以前は100均で買うこともありましたが今は買っていません。買い足したい時に同じものが買えないので。

年賀状

気づいたら溜まっていました。手紙だからなんとなく捨てにくかったです。
前年以外見返すことがほとんどないのですが3年分保管しています。

本当は2年にしたかったですが、夫が4年というので間をとりました(笑)全然見ないのに~。

処分する時は住所が書いてあるので、クラフトテープでグルグルに巻いて袋に何重かに入れてわからないようにすると良いと思います。接着剤で貼り付けるという方法もあるようです。

ぬいぐるみ

UFOキャチャーで取ったもの、結婚式の電報と一緒にいただいたもの、子供のいただきものと合わせると結構な数がありました。開かずの間に押し込んでありました。
状態の良い紙袋にゆったりと入れて、一つ一つに「ありがとうございました」と声をかけました。入れ終わったら塩を少し振り入れて燃やすごみの日に出しました。声掛けと塩で供養した気になるので心が軽くなります。
こんまりさんは、顔に目隠しをするとモノに変わるので処分しやすい、とおっしゃっていますが私は逆に怖くなってやめました。

神社に持って行ったり、児童館に寄付したり、人に譲ったり他にも方法はありますね。

思い入れのあるぬいぐるみは処分せずに、見えるところに座らせています。

処分した後は

頑張って断捨離をした後、本当に必要なモノ・毎日使いたくなるモノ・一生使えるモノを探すのも楽しみの一つです。子育てに必要のない大きなバッグを処分した後は、毎日使える斜め掛けバッグを買ったり。これは断捨離頑張ったごほうび♪大切に日々使っています。

洋服を処分してクローゼットがお気に入りばかりになったら、それに合わせた洋服を買うのがとても楽しいです。(もちろんよーく考えてから)

いかがでしょうか?

捨てるのが苦手な私が必死で考えて実行した処分方法が参考になれば幸いです。

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です