[記事公開日]2017/10/17
[最終更新日]2017/10/20

雨の日は窓を掃除する

雨が続きますね。

そんな日に最適なお掃除の場所があります。

「窓」です。

窓は晴れた日に大きく開けてするイメージがありますが、汚れが乾燥していると取りづらいので実は雨の日に拭いた方が簡単なのです。

空気中の湿気が窓の汚れを浮かせてくれるのだそうです。レールを拭くにも、雨で濡れているのでわざわざ水を足す必要がありません。

それから、2階以上の掃除をする場合にもし汚れた水が落ちても、下を通る人が傘をさしているのであまり心配が要りませんね(笑)

大掃除をラクにする「中掃除」を雨の日にやってしまいましょう。

私の窓掃除の仕方を紹介します。

毎度のことですが大ざっぱなので、「窓に拭いた後が残るのが嫌だ」という方は他を参考になさってください(笑)

道具

  • メラミンスポンジ
  • 吸水クロス
  • マイクロファイバーふきん

吸水クロスはシンクの拭き上げに使ったお古なのでボロボロで失礼します。
→関連記事 シンクの掃除方法 排水溝と拭き上げ

汚れてもよい服装でお掃除しましょう。

窓掃除の仕方

この時期、我が家の窓は結露が結構発生します。さらに雨が降るとこのように・・・。

水滴だらだらです。

1.メラミンスポンジでサッシや窓の気になる汚れをこする

こういう箇所が案外汚れています。

掃除をする時は基本、上から下に拭きましょう

目につくところからやってしまうと、汚れが下に落ちてきて二度手間になってしまうことがあります。

2.濡らして絞った吸水クロスで、サッシや窓を拭き上げる

3.乾いたマイクロファイバーふきんで拭くときれいに仕上がる

窓はこれだけです。 中掃除なので(笑)

吸水クロスもマイクロファイバーも、雑巾やタオルの切った布のような繊維が残らないので愛用しています。

汚れたレールの掃除

とっても汚くて失礼します。溜まったホコリが雨に濡れてこびりついています。

ここもメラミンスポンジを押し込んで汚れをふき取ります。
端はスポンジの角をうまく使うと落とせます。

吸水クロスでふき取ります。

ピカピカになりました!

メラミンスポンジがなかなか良い仕事をしてくれます。我が家には必需品で、キッチン、洗面所、トイレ等あちこちに適当な大きさに切って置いています。

年末寒くなると、窓掃除も大変なので今の時期にある程度やっておけばラクですね。
→関連記事 今年こそ掃除を年末に集中させない! カーテンを今洗う

雨で出かけるのやーめた。そんな日には窓を拭いてみませんか?

  • 汚れが落ちて
  • 部屋が明るくなって
  • 体が動かせて
  • 仕事をやったぞーという気持ちになれて

なかなかいいです。

【窓掃除に使用した道具】

レック 激落ち ダブルキング ( メラミンスポンジ )
大きいサイズを買って、カッターで適当にカットしています。

レック すいすいクロス 強力 吸水クロス

スコッチブライト ふきん マイクロファイバークロス KPF-11

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

掲載しています

記事を書かせていただいています
ESSEさん
LIMIA(リミア)さん
ヨムーノさん
くらべルートさん





こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です