[記事公開日]2019/09/11

無垢材テーブルをオレンジオイルと蜜ロウワックスでお手入れ

整理収納アドバイザーのまいです。

 

我が家のダイニングテーブルは今の家と同時に購入したもので、無垢材でできています。

これまでテーブルに愛着がわかず、何度も買い替えてきた結果の選択でした。

「経年とともに味が出るダイニングテーブルが欲しい・・・」

当時の記事→ダイニングテーブルを購入しました

塗装なしで納品されたのでオイルを塗りました。

ショップさんのオススメのワトコオイルです。

当時の記事→天然無垢のダイニングテーブルにオイルを塗装しました

「2年後くらいにメンテしてくださいね」と言われていたのですが、

ゴシゴシ拭いたりしたせいか、オイルが落ちてきたような、汚れた感じに見えるというか。

調べてみたら、無垢材テーブルは1~2ヵ月ごとくらいにお手入れした方が良いとあちこちに書かれていました。

 

なるほど。

オレンジオイルと蜜ロウワックス

そして今回はお手入れの方法を少し変えて、この2つを使ってみます。

「ハワードオレンジオイル」と「蜜ロウワックス」

この2つの組み合わせで無垢テーブルをお手入れしている人が多いみたい。

お手入れ方法

やすりをかける

表面の汚れを取りたいのでやすりをかけます。

「スポンジミゾ付ファイル」にやすりを巻きつけます。

力を入れやすくなります。ゴシゴシ!

あっという間に目詰まり(泣)

何度かやすりを取り替えながらある程度こすって、ヨシとしました。

ハワードオレンジオイルを塗布

お手軽なスプレータイプにしたのでまんべんなくかけて、ウエスで拭きました。

オレンジのとっても良い香りがします。ワトコオイルは結構匂いが気になったのでこれはいい。

そして一日おきます。

蜜ロウワックスを塗布

翌日ワックスを塗ります。オイルだけだとやはり水が浸みこんでしまったので、今回はワックスも塗ることにしました。

ウエスに取って木目に沿うように薄くテーブルにのばします。

水を垂らしてみたら、ちゃんと弾きました♪

完成!

Before→Afterです。

写真だとあまり違いがわからないー(笑)

でも手触りしっとり。だいぶ乾燥していたことがわかります。

 

もう傷とか結構ありますが、それも思い出や愛着につながっていくと思うとあまり気になりません。

汚れが気になったらオレンジオイルをスプレーして拭けば良いらしいし、ワックスを塗るだけなら面倒ではないので今後も定期的にお手入れしようと思います。

無垢材のテーブルにして正解でした☆深い色になるのが楽しみで一生使っていきたいです。

今回使用したアイテム(蜜ロウワックスとスポンジファイルは近くのドイトで購入しました)





こちらの記事も読まれています