料理の幅が広がる!魚焼きグリルのプレートを純正に買い替えました

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

魚焼きグリルにプレートを置いて使っています。

800円のプレートで、魚焼きグリルの掃除が不要に!肉もパンも焼ける

このプレートをご紹介したESSEonlineさんの記事は今もよく読まれています♪

高木金属 トレー オーブントースター用 フッ素Wコート 大 デュアルプラス FW-TJ

 

一年経ち、魚が焦げ付くようになってきました。

同じものをまた買おうかとも思ったのですが、今回は純正のプレートを購入してみました。

リンナイ ココットプレート (標準グリル用) RBO-PC91S

ぴったり!純正だから当たり前か。

これまでのプレートでは魚が大きいとはみ出るので切ったりしていたのですが、これなら入りそうです。

あと、高さがある食材だと上火に近くて焦げる心配がありました。

網を外してココットプレートを置くので少し下がるのもいいし、フタも焦げ防止になりそうです。

 

「Before」一年間大活躍してくれました。

純正のココットプレートにも溝があって、余分な脂を落としてくれます。

鮭を焼いてみました。長持ちさせるためには、油を薄く敷いた方がよいとのこと。

こんがり美味しく焼けました♪フタがあるからグリル内の脂の飛び散りも防いでくれます。

公式サイトによるとグリル庫内の汚れを99.9%カットしてくれるとか!

 

栃尾揚げもカリッと。

脂が飛びそうな食材はフタをして、厚揚げや野菜焼きなどはフタなしで調理します。

 

前のプレートと基本使い方は同じなので、これからも毎日のように活躍間違いなし。

「あと一品」という時に適当に野菜を焼いて、ポン酢で食べたり。

お肉と周りに野菜を置いてグリルしたり。

トーストも美味しくできるので、トースター要らず。

使うのが楽しみです☆

ココットプレートは標準とワイドサイズがあります。

お使いのグリルがどちらに対応するのかは、公式サイトでご確認くださいね。

リンナイ公式サイトココットプレートページ

我が家は標準タイプです。

↓気が向いたらポチお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ





こちらの記事も読まれています