実家の片付けその4「キッチン」終了

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

実家のキッチンの片付けに行ってきました。他の場所に比べて時間がかかります。

モノが多いし、配置を考えるのに少し時間を使います。

 

キッチンというより「台所」な実家。

 

9月に一度ざっくりやった後、2時間くらい鍋フライパン・ざる・調味料などを整理して電子レンジなどの場所を変え、2時間くらいかけて保存容器や他日用品を整理しました。

3日がかりの合計で6~7時間くらいでしょうか。

一部分だけafter。余白がたくさんできました。

キッチン用品の使いやすい配置があります。

・フライパンや鍋類→コンロの下
・ざる類→キッチンの下

つまり使う場所の近くです。鍋とざるは同じ場所に置きがちですよね。

更に、油もコンロの下に置けばフライパンを出したついでに使えます。

 

調味料収納。大きいサイズを買うのでスペースが必要になります。

ここは造り付けでターンテーブルが設置されています。掃除道具を入れていたので、調味料置き場に変えました。

ぴったり全部入って気持ちがいい。ストックも出てきて、これがMAXのことなので大丈夫でしょう。

ターンテーブル上部にあったお皿を外して、棒だけ残ってます(笑)残しておいた方が回しやすいそうなので残しました。

上のお皿を外したことで高さのあるボトルが入りました。

元々あるものでも外してしまえば使いやすくなることがあります。

 

乾物とか粉類。

前回ざっくり空き箱などに入れておきましたが、横にも前後にも並べられる大きさの白いボックスを100均で買いました。

ボックスを購入する際は収納スペースサイズをしっかり測ることがとても大事です。

使いかけの粉類は本当は冷蔵庫に入れて欲しいけど、、、。

 

あと、袋類も整理。

大きな紙袋2つに紙とビニールなどの袋があふれるほど入っていました。

全部出して、紙袋は「そのまま食品を入れて人に渡しても大丈夫」なレベルのものだけ残しました。

ビニールの袋はシワシワなものは処分。

結果ゴミ袋一つ分捨てました。大量にありましたが、手前の紙袋一つに収まる量に。

我が家はファイルボックス一つ分しか紙袋はありません。大中小3枚ずつくらい。

増えてあふれそうになったら整理しています。

紙袋はきれいなものが欲しければ100均で買えるし、持ち寄りで食事をする時などはエコバッグに入れて行きます。

モノが多い家は袋類が多いイメージがありますよ。

 

キッチンを何回かにわけて片付けてきましたが、ダイニングテーブルの上がいつもきれいになっていて気持ちがいいです。

片付いていることが当たり前になってきているのが嬉しい。

 

家の余白は「気持ちの余裕」につながります♡

 

寒くなってきたので、次回は衣替えついでに押し入れやっつけてきます!

どんどん片付いていくのが私もとっても嬉しく楽しい♪

実家の片付けシリーズはこちら

↓気が向いたらポチお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ





こちらの記事も読まれています