無印良品のチェストをダイニングから子供部屋へ

整理収納アドバイザーまいのblogです
→プロフィールはこちら

ダイニングにあった無印良品のチェスト。

中に入っていた文房具や薬、細かいものを全部カウンター下収納に移動しました。

狭くても置ける!「オガモク」のカウンター下収納

 

チェストは子ども部屋へ。

前居でも子どもの服を収納していました。

夏服は二人分でこれだけ(着ているのを除く)。基本上下三枚ずつを着倒します。

季節外のトップス。

ボトムスと冬パジャマ。

また季節が変わったら、まだ着るか見直しつつ使いやすいように少し入れ替えます。

 

この無印良品のチェストは15年くらい前に購入したものですが、汎用性が高く使い勝手が良いので重宝しています。

↓ハウジーさんでも以前記事を書いています。

汎用性が大事!引越ししても使い続けられる家具選びのポイントと収納アイデア

 

子供服は、引っ越し後とりあえず余っていた衣装ケースに入れていました。

それらが空に。

片付けを進めたら、衣装ケースが余ってきました。とくに深いタイプ。

 

服を整理するために衣装ケースを購入する場合は、浅い方を選ぶといいですよ。

写真の、上にある無印良品のプラケースはとても使いやすいです。→PP収納ケース引出式

 

この深いケースは粗大ごみにするか・・・無料でも引き取ってもらえるところを探すかなぁ・・・。

実は他も片付けて、あと2つ同じサイズの空ケースがあります。

ほんとうにゆっくりと時間をかけて、家のものを減らしている感じです。楽しい作業です♪

 

↓気が向いたらポチお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ





こちらの記事も読まれています